京都のリフォーム専門店アップリフォームジャパン

アップリフォームジャパン
ハウスドゥ!
url
工事されたお客様へ

リフォームのお問い合わせ・ご相談・お見積り総合受付センター
受付時間9:00~19:00(定休日:毎週水曜日)

0120-6-12120 請求資料
  1. アップリフォームジャパン TOP
  2. ブログ一覧
  3. 暮らしのための情報発信&ナビゲート 〜住み慣れた住宅を大切に〜
  4. 住宅検査・耐震診断
  5. 建築基準法と大地震

スタッフブログ

暮らしのための情報発信&ナビゲート 〜住み慣れた住宅を大切に〜 住宅検査・耐震診断

建築基準法と大地震

こんにちは!
京都のリフォーム専門店
ハウスドゥ!アップリフォームジャパンのKです。
 
昨日、今日と関西地方が猛烈な雨が降り続いております。
大雨に加え地震で地盤が緩んでいる地域は土砂災害に警戒してください。
 
自然災害、中でも地震はいつどこで起こっても不思議ではありません。
日本では、はるか昔から大地震が周期的に起こっています。
江戸時代から現代までの400年間に、大規模な地震は70回以上も起きています。
 
周期的に大地震が起こる日本で、昭和25年(1950年)建築基準法が制定されました。
建築物を建設する際や建築物を安全に維持するための技術的基準などの具体内容が示されています。
この昭和25年制定の建築基準法が旧耐震基準と言われる時期です。
制定後、大規模な地震発生とともに、建物の耐震基準は大幅に改正されてきました。

null

昭和56年(1981年)は昭和53年(1978年)宮城県沖地震から3年後の改定、

平成12年(2000年)は平成7年(1995年)兵庫県南部地震/阪神・淡路大震災から5年後の改定です。

 null
熊本地震 被災写真(エイム株式会社提供)

大震災による木造住宅の倒壊原因は大きく分けて4つあります。
壁の量が不足
壁の配置バランスが悪い
接合部の緊結不足
建物の腐朽・蟻害等の劣化
 
これらの原因のうち①について改正された新耐震基準(昭和56年改正)以前の建物か、以後の建物か
この建築時期が耐震診断・住宅検査の一つの目安となります。
 
ハウスドゥ!の耐震補強工事では建築基準法を基に耐震金物を一覧にして定め、それぞれの家の耐震診断の計算結果に基づき施工しています。
 
・外壁や壁紙のひび割れが気になる方
・昭和56年(1981年)以前の建物に住んでいる方
・その他、家の耐久性にご不安のある方

null

 
弊社では無料耐震診断・住宅検査を実施しております。
是非お気軽にお問い合わせください。

京都中央ショールーム
(京都市右京区西院坤町1番地)
※駐車場有 阪急京都線 西院駅より徒歩6分
京都中央ショールームの詳しいご案内はコチラ⇒

null
ご来店の際は前もってご予約して頂くとスムーズにご対応できます
WEBでの簡単ご予約はコチラ⇒

アップリフォームジャパンとは?というお客様はこちらをClick!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
upbanar

リフォーム専門店 Do!のリフォームについて興味のあるお客様はこちらをClick!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Do!のリフォーム 
 

まずはリフォームを知っていただくために、見て・触れて・体感しませんか?

1000点以上の素材・設備品をショールームで体感しませんか? ショールーム来店予約

注目記事PICK UP

リフォームローン金利0円好評実施中!
最短2分!無料かんたん資料請求 来店予約