DOのリフォーム
ハウスドゥ
0120-6-12120
総合受付 9:00-18:00(土日祝9:00-19:00)定休日:水曜日
  1. DOのリフォーム TOP
  2. リフォームノウハウ
  3. 二世帯住宅
  4. 二世帯住宅リフォームをする前に

リフォームノウハウ

二世帯住宅リフォームをする前に

2世帯リフォームのメリット 同じ屋根の下に親世帯と子世帯が暮らすことで、それぞれの世代間のコミュニケーションがしっかり取れ、家風といった目に見えない価値観を継承できる。祖父母と孫の同居は、正しいしつけや教育にもつながる、また、親世帯の土地を有効に活用して新築または、リフォームすれば住宅購入費が安く抑えられる。これは大きなメリットといえそうだ。

二世帯住宅01
  →二世帯住宅のリフォーム事例はこちら←

2世帯リフォームのデメリット 一つは両世帯の共有スペースについて。例えば、一方の来客があった場合には共有スペースに行くことを我慢することもあるだろう。また、2世帯では生活時間が異なり、共有部分での音が気になるなど、互いに迷惑をかける可能性もある。そのほか、水道光熱費の取り決めやプライバシーの確保などの問題も考えられる。同居するからこそお互いに配慮すべき事柄を話し合っておくことが大切だ。 共有部分が使いづらくなる 両世帯の共有スペースであるリビングに、親世帯か子世帯のどちらかの来客があるような場合、一方の世帯がリビングに行くのを我慢したり遠慮したりしてしまうようなことも起こりがち。 生活時間のずれ 世代の異なる親世帯と子世帯では、たいてい生活時間が違うもの。帰宅時間や入浴時間帯の違いにより、例えば、夜間に共有部分での音が気になるなど、互いの世帯に迷惑をかける場合がある。 水道光熱費の取り決め 光熱費や水道料金について、支払いをどのようにするかあいまいにしたままだと、後々揉めることにもなりかねない。両世帯が同じ量を使用することなないため、事前にはっきりと決めておくことが望ましい。 プライバシー確保の問題 突然寝室に入ってこられることのないように、あるいは生活音に気を遣ったりと、プライバシーの確保は重要。寝室には鍵を取り付ける、壁を防音型にするなど、プライバシーを保つ工夫は万全に。

2世帯住宅のタイプ
完全分離型
共有スペースをつくらず、親世帯と子世帯の住環境をまったく別々にしたタイプ。プライバシーをしっかり確保できる。
メリット
●プライバシーが完全に守れる
●各世帯の独立感が強まる
●内部で行き来できる
デメリット
●左右独立型は敷地に余裕が必要
●お互いが疎遠になりがち
●建築コストが高めにつく

一部共有型
間取りが効率良くまとまり、二世帯それぞれの生活時間やライフスタイルにも考慮できる為、選択する人が最も多い。
メリット
●ほどよいプライバシーを確保
●親子世帯が気軽に集まれる
●建築コストを抑えられる
デメリット
●浴室など利用時間が重なりがち
●人をまねくときにやや気がひける
●共有部分の配置で間取りが成約される

完全共有型
寝室や個室以外はすべて共有。二世帯リフォームの中では手軽にリフォームできてもっとも費用を安く抑えられる。
メリット
●敷地が狭くても建てられる
●建築コストが安上がりに
●互いの様子が分かりやすい
デメリット
●プライバシーを確保しにくい
●音が聞こえやすい
●各世帯の独立感がほとんどない

二世帯03 null

この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます

リフォームノウハウをカテゴリ別にみる

二世帯住宅のリフォーム施工事例

まずはリフォームを知っていただくために、見て・触れて・体感しませんか?

1000点以上の素材・設備品をショールームで体感しませんか? ショールーム来店予約

注目記事PICK UP

水回りDo
リフォームローン金利0円好評実施中!

イベントのご案内

  1. 予告 京都中央店 2021年6月26日(土)-6月27日(日)暮らしに役立つ!全面リフォームセミナー in 右京ふれあい文化会館
最短2分!無料かんたん資料請求 来店予約